泣いてから、


泣いてから、前を向けばいい。

大人になると、涙を流しづらくなる。流せなくなる。

と、よく人から聞く。

大人だからといって、涙を我慢する必要はない。

泣けるなら、泣いたほうがいい。

病気で涙を流すことが許されない人もいる。

涙を流すと発作がひどくなったり、顔中がかゆくなったりする人もいる。

そう考えたら、

涙を流すって、最高の特権。素敵な行動。幸せなこと。

悪いことでも恥ずかしいことでもない。

だから、

泣けばいい。

泣いたあとに、 涙をちゃんと拭いて、

前を向けばいい。

そういうわたしも、

病気で涙を流せない人です。

涙を流すと、発作がなぜか大きく出てしまうんですよねぇ。

最悪、聴力低下したことも。

でも、不思議なことに、

嬉し涙や幸せ涙は、発作が出てこないんです。笑

脳で作用する成分が変わるんでしょうねぇ。。

だから、嬉し涙や幸せ涙は我慢せずに 「とことん流してやる!」 と心に決めてます。笑

悔しい涙も、辛い涙も、 ぜんぶぜんぶ、幸せ涙に変換して、涙を流すことができたらいいのにって思う。わたしに限らず、みんなも。


最新記事