普通。

普通ってなんだろうか。

仕事が早くできて要領がよくて

テキパキこなせれば「正解」なんだろうか。 空気も読めて足も引っ張らなくて

誰の迷惑にもならなければ それが「普通」なんだろうか。

仕事を覚えるのが遅い、要領が悪いと、 「できない人間」と思われやすい。

「頭の悪い人」と思われやすい。

でも、違うと思う。

もちろん、仕事や物事に対する熱意や姿勢はとても大事。 でも、仕事が早くて、仕事ができれば、「いい人」という見方はおかしい。おかしすぎる。

いろんな人がいて、

得意不得意もバラバラ。

覚えるスピードもバラバラ。

みんなバラバラ。

バラバラなのが「普通」であって、 それぞれ得意不得意もバラバラなのが「普通」

「仕事の早さ」と「仕事の質」で対立するのではなく、

それぞれの良さを認め合って、

お互いの得意な部分、不得意な部分を補い合おうって空気になればいいのにって心からおもう。

仕事のできる”早さ”を重視するのではなく、 仕事に対する思いや熱意、一生懸命さを汲み取れるようになりたい。


最新記事