朝。


学生時代、毎日憂鬱でしかたなかった朝。

目が覚めるたびに、 視界がぐらぐら。動悸。耳をはじめ全身に激しい激痛。吐き気。

どうせ、朝目が覚めても、

容赦なく発作が起きて耐えなければいけないという憂鬱。

どうせなら、もう朝なんて来なくていいと願ったことがあるのも、いまなら笑って話せること。

だからこそ、

目が覚めて、

めまいもなく、 激しい痛みもなく、

朝を迎えられる”今”が、

本当に本当に幸せで仕方ない。

でも、

「どうか明日は発作が起きることなく、元気に目覚めることができますように。」

と毎晩夜空に向かって願っていた頃がふと懐かしくなる。

あのときの気持ちを忘れちゃいけないなって、強く思う。


最新記事