壁に向き合えること。

今までのことを振り返る。 楽しかったことも、嬉しかったことも、 悔しかったことも、悲しかったことも、、 ぜんぶぜんぶ。

いろんな壁があった。 数え切れないくらい壁があった。 とてつもなく分厚い壁もあった。

どうしようもなく逃げたくなる壁もあった。

でも、

数年後になって思う。

壁に向き合えることは幸せなことなんだと。

元気だからこそ、 自分のなにかが変わったからこそ、現れる壁がある。

そして、

いろんなものをみたり、 いろんなものを感じたり、

いろんな人に出会えたからこそ、

訪れる壁なんだと思うと、

どんなに苦しかろうと、 どんなに悔しかろうと、 そういう経験ができることは、 本当に本当に幸せなことなのかも、、しれないね。


最新記事