肯定。


生き方は人それぞれ。

病気に対する考え方も、

障害に対する考え方も、

アイデンティティーも、人それぞれ。

難聴者でもいい、ろう者でもいい、

どんなカテゴリーであろうが、

自分という人間を肯定するきっかけになって、

少しでも前を向いて生きて行けたら、

それでいいんだなって、そう心から思う。

肯定できずに、

自分はなんなんだろう、

自分なんて社会的弱者なんだとか、

自分なんて自分なんてと思いながら、

生きていくより、

ずっとずっと良いこと。

肯定した上で、

そこにとどまるのではなく、

自分と違うカテゴリーの人間と接した時に、

壁を作らずに、

どう伝えよう、

どうしたら話せるかな、

と思案しながら、

互いに歩み寄る人が増えたらいいな。


最新記事